2022/09/9

『KOTATSU』

フランスを代表する劇作家・演出家パスカル・ランベールと、平田オリザ率いる青年団との国際共同制作作品。ランベールはジュヌヴィリエ劇場の芸術監督時代に、数多くの日本の演劇人たちを招へいし、日本の現代演劇の魅力をフランスに紹介するとともに、今日に至るまで定期的に来日、日本各地の劇場にて作品を発表。とりわけ平田とは信頼関係を築き、「青年団」の拠点・こまばアゴラ劇場との協働プロジェクトを数多く実現させてきた。
本作ではランベールが初めて日本人俳優のために戯曲を書きおろし、双方の交流の集大成としてクリエーションを行った。
小さな会社を一代で国際的な大企業に成長させた一家と、正月に集まった親族・友人たちをめぐる物語。SNSによる現代社会の反応をきっかけに、家族に潜む問題が浮かび上がるー。

本作は令和3年度国際交流基金舞台芸術国際共同制作事業として制作されました。
https://www.jpf.go.jp/j/project/culture/perform/creation/2021/index.html
パスカル・ランベール×平田オリザ『KOTATSU』対談映像:https://www.youtube.com/watch?v=wcXKgLCo670

<公演情報>
作・演出:パスカル・ランベール
共同演出・日本語監修:平田オリザ
翻訳:平野暁人

出演:山内健司、兵藤公美、太田宏、知念史麻、申瑞季、荻野友里、佐藤滋、森一生、名古屋愛、淺村カミーラ

舞台美術:濱崎賢二
照明:西本彩
衣裳:正金彩、中原明子
音響:泉田雄太、秋田雄治
舞台監督:播間愛子
小道具:陳彦君
映像制作:歌川達人
演出助手:小原花、山口惠子
通訳:石川裕美

制作:西尾祥子(システマ)、ポリーヌ・ルーシル(structure production)

主催:国際交流基金(JF)(https://www.jpf.go.jp/) 、(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場(http://www.seinendan.org/) 、 structure production(https://structureproduction.com/en/)
共同制作:国際交流基金、(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場、structure production

記録映像・編集:歌川達人 

<オンライン字幕>
フランス語字幕: パスカル・ランベール
英語字幕翻訳:スティーブ・コルベイユ
スペイン語字幕翻訳: パブロ・ガルシア・カンガ、クリスティーナ R. レスメス

<関連情報>
オンライン座談会:https://www.jpf.go.jp/j/project/culture/perform/creation/2021/talksession.html
創作プロセスレポート:https://www.jpf.go.jp/j/project/culture/perform/creation/2021/offstage.html

配信終了日:2023年9月30日