2022/03/18

『もっとも大いなる愛へ』

劇団・月刊「根本宗子」を19歳で旗揚げし、全公演の作・演出を手掛ける根本宗子。演劇公演のみならず、映像作品の脚本や、ミュージシャンと新たな音楽劇を生み出すなど、常に新しい表現と向き合い続けている。

コロナ禍の逆境にも負けず公演実現に向け、稽古は完全リモート制、本番初日前夜に俳優同士の初顔合わせ、無観客の劇場からリアルタイム配信するスタイルに行き着いた本作。上演では、根本と楽曲を担当した大森靖子の開演前トークや、根本から終演後の翌日に向けた俳優へのフィードバックの模様を本編と合わせて公開するなど、制作過程を大胆に披露した。今回は、実際の配信内容をそのままにお届けする。

葛藤を抱える同年代の男女と姉妹、それぞれの物語。愛することとは、他者を想うこととは何なのか、自己不全感を感じる側とその人を想う側が不器用なままに言葉を尽くし合い模索する―。

製作(オンライン配信):国際交流基金(JF) (https://www.jpf.go.jp/) 

<公演情報>
月刊「根本宗子」第18号
『もっとも大いなる愛へ』 

作・演出・企画:根本宗子(https://gekkannemoto.wixsite.com/home

出演:伊藤万理華、藤松祥子、小日向星一、安川まり、riko
映像出演:根本宗子、大森靖子
劇中楽曲 大森靖子
振付:riko
宣伝イラスト:愛☆まどんな
撮影監督:二宮ユーキ
舞台監督:青木規雄、竹井祐樹、松下清永
舞台美術・衣裳:山本貴愛
照明:佐藤啓
音響:高橋真衣
ヘアメイク:二宮ミハル
演出部:田原愛美
衣裳スーパーバイザー:藤林さくら
制作:いとうかな、安達咲里
広報:田中春香
協力:乃木坂46合同会社、レトル、青年団、ファザーズコーポレーション、チーズfilm、
エイベックス・エンタテインメント株式会社

引用:日本聖書協会『聖書 新共同訳』1コリント人への手紙13章4~7節、13節
   ©︎共同訳聖書実行委員会
   Executive Committee of The Common Bible Translation
   ©︎日本聖書協会
   Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

初演:2020年11月4日~8日
*今回の配信は2020年11月4日の初日のもの

<オンライン字幕>
英語字幕翻訳:上野円
韓国語字幕翻訳: イ・ホンイ
タイ語字幕翻訳:BIPAM, ポンチャイ・ウィタヤラッドパン
フランス語字幕翻訳:スロコンブ都
ロシア語字幕翻訳:フェヂャニナ・ウラドレーナ

配信終了日:2023年3月31日